General Information 【マカオ基本情報】


s24_p8_02

マカオ全体地図

●正式名称
中華人民共和国マカオ(澳門)特別行政区

●政治体制
一国二制度。1999年12月にポルトガルから中国返還後も司法・立法・行政の三権はマカオにあり、マカオ主権は返還後50年間認められている。

●面積
約30.3平方キロメートル (東京都世田谷区の約半分)
●人口
約642,900人

●民族
約90%が中国系

●宗教
仏教、道教、キリスト教ほか

●言語
公用語はポルトガル語と中国語(主に広東語)。ただし日常会話はほぼ広東語。ホテルやレストラン、観光スポットでは英語も通じる。

●通貨
パタカ(MOPと表記)とアボス。1パタカ=100アボス。
紙幣:10、20、50、100、500、1000パタカ
硬貨:1、2、5、10パタカ、10、20、50アボス
香港ドル(HK$)も流通している。MOP103.20=HK$100.00
だが、ほとんどの場合は等価で扱われる。

●両替
日本では、日本円からマカオパタカへの両替を行っていない。日本で香港ドルに両替をするか、現地でマカオパタカまたは香港ドルに両替を。
現地では、マカオ空港、マカオ・フェリーターミナル、香港国際空港、銀行、ホテル、街なかの両替所、カジノ内の両替所(24時間)で受け付けている。

●為替レート: 1香港ドル=13.18円、1マカオパタカ=12.79円
(2014年3月現在)

●時差
日本より1時間遅れ(日本の午前7時はマカオの午前6時)

●パスポート&ビザ
日本国籍所持者は、90日以内の滞在であればビザは不要。パスポートの残存期間は、滞在日数のほかに、30日以上必要。中国本土に行く場合も、15日までの滞在ならビザは不要。

●飲料水
水道水は飲用に適さないので、ミネラルウォーターを。

●電圧
220V/50Hz。日本の電化製品を使用する場合は、海外用の電圧切替機能が付いたもの以外は、変圧器が必要。コンセントは三つ穴のBfタイプが主流。

●営業時間(大概)
銀行:月曜~金曜 09:00~17:00(土・日・祝日休)
商店:11:00~18:00
※ただし、繁華街は22:00頃まで営業している。
ホテルのショッピングアーケード:11:00~23:00
レストラン:11:00~22:00
※飲茶や粥・麺の店は7:00頃から開店している場合もある。
カジノ・コンビニ・一部のスーパーマーケット:24時間営業

●チップ
基本的に習慣はないが、心づけとして用意するとよい。
レストラン:おつりの小銭をテーブルに残す。大衆食堂やファストフードでは不要。
ホテル:ベルボーイやハウスキーパーには10パタカが目安。

●緊急連絡先
緊急:999
旅行者用緊急:110(中国語)/112(英語)
警察:2857-3333
マカオ観光局ツーリスト・ホットライン:2833-3000(日本語対応もあり)
山頂醫院(政府機関の病院):2831-3731
鏡湖醫院(私立病院):2837-1333
在香港日本国総領事館:マカオから00-852-2522-1184
営業時間:平日09:15 ~12:00、13:30 ~16:45(土・日・休館日を除く)

●気候
年間平均気温は20℃前後、湿度は70~90%と高め。夏季は大変暑く湿気もあるので屋外は薄着で。ただし、室内は冷房が強く効いているため、羽織るもののご用意を。雨季は携帯の折り畳み傘があるとよい。ホテルによっては、傘を貸し出している場合もある。

クリックで拡大

気温の目安