4.隠れ家のようなリゾートへ


コロニアルスタイルのホテルで
煌めく陽光と波の音を身体中で感じる

潮風を感じるテラスレストラン

潮風を感じるテラスレストラン

青空が見えた日の朝は、マカオ南端のコロアンへ。マカオ半島から車で約30分、コタイエリアからは約15分と至近でありながら、緑あふれる景観美に、肩の力がすっと抜ける。つい先ほどまでいたマカオ半島の喧噪が噓のようだ。
竹灣ビーチを見下ろす高台に立つポウサダ・デ・コロアンは、古き良きポルトガルの面影を残す。マカオのポウサダとは、ポルトガル風の個性あふれる小さな宿。客室数28室だからこそ味わえるアットホームな雰囲気は、まるで友人の別荘に招かれたよう。そんな居心地の良さが、昔も今も愛されている理由のひとつ。
読みたかった本を何冊か持ち込んで、ここで過ごすのも悪くない。夜はかがり火の下で本格的なポルトガル料理とポルトガルワインを愉しむ時間もまた格別。コロアンにしかない自然と安らぎに包まれて過ごしてみたい。