1.世界遺産完歩

左:媽閣廟に結ばれている絵馬 
右:民政総署のアズレージョ
30のスポットで構成される世界遺産 石畳を踏みしめて、じっくり歴史を感じ取って 世界遺産は「マカオ歴史市街地区」としてエリアで登録されており、マカオ半島南部に密集している。世界遺産に登録されたからといって、立ち入りを制限 続きを読む...

3.パステルカラーの街を探訪

左:コロアンの路地裏に並ぶ家々 
右:タイパ・ハウス・ミュージアムは内覧も可
路地裏のノスタルジックな世界が魅力のタイパと 海風が旅人を優しく迎えてくれるコロアン タイパの旧市街「タイパ・ビレッジ」は、みやげ物店や飲食店が集まる観光スポット。しかし、タイパの本当の楽しみは裏通りにある。路地を1本入 続きを読む...

4.隠れ家のようなリゾートへ

潮風を感じるテラスレストラン
コロニアルスタイルのホテルで 煌めく陽光と波の音を身体中で感じる 青空が見えた日の朝は、マカオ南端のコロアンへ。マカオ半島から車で約30分、コタイエリアからは約15分と至近でありながら、緑あふれる景観美に、肩の力がすっと 続きを読む...

5.路地裏のマカオ生き証人

16歳からこの道一筋。「滄洲咖啡小食」のパン職人、梁(リョウ)さん
老舗が集う職人の街で 飾らない素顔のマカオに出会う 観光客で賑わうセナド広場にほど近い、聖ドミニコ教会を過ぎた辺りの路地を1本入ると、まるで別世界。細い石畳の通りの両側は、昔ながらの商店が軒を連ねている通り、関グワンチン 続きを読む...

6.一日中リラクゼーション

「ザ・スパ・アット・グランド・ラパ」のトリートメントルーム
観光には出かけずに、ホテルライフを楽しむ 肌と心を艶やかに、しっとり潤して マカオに1週間滞在するなら、街歩きには出かけずにリラックスする1日を入れたい。ランチ後にホテル内のプールで泳いだり、デッキチェアで昼寝をしたり。 続きを読む...