音楽祭、グランプリ、中秋祭…秋のマカオでイベント三昧


公道を封鎖した特設コースは“ 難所” がいっぱい。クラッシュしそうになるマシンにハラハラドキドキ。「世界一難しいレース」に思わず納得!

公道を封鎖した特設コースは“ 難所” がいっぱい。クラッシュしそうになるマシンにハラハラドキドキ。「世界一難しいレース」に思わず納得!

Mid-Autumn Festival, Music Festival, Grand Prix…Macao is full of events in Autumn!

秋のマカオは、多彩なイベントで盛り上がる。公道を使ったサーキットをレースカーが爆走する「マカオ・グランプリ」、名月を優雅に愛でる「中秋節」、情熱そのものの「マカオ・ラテンシティ・パレード」…。国際色豊かなイベントは、東西文化が溶け合うマカオでしか出会えない楽しさだ。

「動」と「静」のイベントを楽しむ

「マカオ・グランプリ」には、2 輪や市販車のレースも注目。ぎりぎりまであげたスピードによる摩擦熱で、レース終了後の道路には焦げ臭さも漂うという

「マカオ・グランプリ」には、2 輪や市販車のレースも注目。ぎりぎりまであげたスピードによる摩擦熱で、レース終了後の道路には焦げ臭さも漂うという

10月から12月にかけて、マカオの街はさまあざまなイベントで盛り上がる。ポルトガルと中国という西洋と東洋の歴史と文化が溶け合う街だけに、どのイベントもマカオで育まれた独特の個性が感じられ、見飽きない。

たとえば、世界中が注目するのが「マカオ・グランプリ」だ。「西のモナコ、東のマカオ」と並び称されるレースで、2つのレースの共通点は、開催時間だけ一般道を封鎖してサーキットに設え、そのコースを世界のトップレーサーたちが最新のマシンで爆走すること。「実は、マカオのレースは、モナコよりも難しいと言われています。いつもは、路線バスや物流のトラックが走っている生活道路ですから、曲がりくねったり、道幅も広いかと思えば急に狭くなったり。『世界一の難コース』なんです。だから迫力満点!」とモータースポーツファンの男性は期待する。

「マカオ・グランプリ」がスピードを競う「動」のイベントなら、「静」の美しさを楽しむイベントが「中秋節」だ。中国から伝わる伝統行事で、日本の「十五夜」にあたる。美しい秋の満月の日を選んで、街中にランタンなどを飾り、家族そろって縁起物の月餅を食べるのが習わしだ。

「月餅は家族や友人同士で贈り合ったりします。さまざまな味の月餅があり、この時期だけのスイーツとして人気があるんですよ」と地元の女性ガイドが教えてくれた。

「マカオ・グランプリ」のスタートとゴール地点となる「マカオ外港フェリーターミナル」。建物の色は、黒とイエローのチェッカーフラッグを模したペイント。マカオの街がグランプリにかける熱意が伝わってくる

「マカオ・グランプリ」のスタートとゴール地点となる「マカオ外港フェリーターミナル」。建物の色は、黒とイエローのチェッカーフラッグを模したペイント。マカオの街がグランプリにかける熱意が伝わってくる

マラソンやフード・フェスティバルなど、参加して楽しむ

また、世界の有名アーティストのコンサートが連日開かれる「マカオ国際音楽祭」も注目だ。ドン・ペドロ5世劇場、聖ドミニコ教会といった世界遺産に指定されている建物を会場に、ウィーン・フィルやイタリア・オペラなどの世界に浸ることができる。この音楽祭では、アメリカのグラミー賞を受賞したゴスペルシンガーやロシアの著名なピアニストなど、国や民族の枠を超えた幅広い音楽に出会えるのがうれしい。

一方、12月には、「マカオ国際マラソン」が開かれる。観光客も参加しやすいミニコースからハーフ、フルマラソンと、いくつものコースが用意され、実力に合わせて好みのコースを走れる。

「マカオ国際マラソン」で、世界遺産の「媽閣廟」の前を駆け抜けるランナーたち。早朝からのレースでは、いつもの見慣れたマカオとは違った表情の街並みが楽しめる

「マカオ国際マラソン」で、世界遺産の「媽閣廟」の前を駆け抜けるランナーたち。早朝からのレースでは、いつもの見慣れたマカオとは違った表情の街並みが楽しめる

「海外のレースは、その街ごとの個性を生かしたレースを走れるのが魅力ですね。マカオマラソンは近未来的なコタイのリゾート群とマカオ半島側の古い街並みの両方を見ながら走れるのが魅力。レース後の食べ歩きも楽しみです」と日本から参加予定の女性グループは、今から楽しみにしているという。

ほかにも、街を光で彩る「マカオ・ライト・フェスティバル」や情熱の国のエネルギーが弾ける「マカオ・ラテンシティ・パレード」など、そのイベントも地域性豊かで色とりどり。イベントを楽しむ旅は、いつもと違った表情のマカオに出会える。

「マカオ国際音楽祭」の会場となる「ドン・ペドロ5世劇場」。マカオでは、世界遺産の貴重な建物が日常的に使われている

「マカオ国際音楽祭」の会場となる「ドン・ペドロ5世劇場」。マカオでは、世界遺産の貴重な建物が日常的に使われている

「十五夜」の名月を愛でる「中秋節」。月餅を食べ、幸せを祈る中国伝来の祭りだ。「中秋節」が終わると、マカオの秋も深まる

「十五夜」の名月を愛でる「中秋節」。月餅を食べ、幸せを祈る中国伝来の祭りだ。「中秋節」が終わると、マカオの秋も深まる

p7-map