夏だ!水辺だ! ファミリーだ!
家族一緒にマカオの夏を楽しもう


Summer! Water! Family!
Fun in the Summertime with Family in Macao!

巨大石像の口の中から滑り下りるスリルが楽しい「スタジオ・シティ・マカオ」のプール

巨大石像の口の中から滑り下りるスリルが楽しい「スタジオ・シティ・マカオ」のプール


マカオの夏は家族一緒が楽しい。流れるプールや本物の砂浜が出現したビーチリゾート、カラフルな滑り台やメリーゴーラウンドといった子供たち専用のスペース、東西の美味が気楽に食べられるフードコート…。マカオで思いっきり遊んで、素敵な夏の思い出を作ろう!

大人も子供も笑顔になる

夏休み。家族一緒に楽しく過ごしたい。マカオは、子供、両親、祖父母と3世代がそれぞれ笑顔になれる楽しい街だ。

まず、子供たちが大喜びするのがプール。コタイ地区を始め、数多くある大型リゾートホテルにはそれぞれ個性的なプールがあり、存分に水遊びができる。

緑の木々、青い水、茶色のコテージの屋根…。南国のリゾートを満喫できる「シェラトン・グランド・ホテル・マカオ・コタイセントラル」のプールエリア

緑の木々、青い水、茶色のコテージの屋根…。南国のリゾートを満喫できる「シェラトン・グランド・ホテル・マカオ・コタイセントラル」のプールエリア

たとえば、「ギャラクシー・マカオ」のプールエリアは南国のビーチ風リゾート。世界最長級といわれる流れるプール、スリルたっぷりのウォータースライダーなど1日では回りきれないほど。大人たちなら、ビーチパラソルの下で冷たい飲み物を手にしならが風に吹かれる、デッキチェアに寝転んでうとうと…といった過ごし方もできる。プールは、大きさもコンセプトのデザインもホテルによってさまざま。滞在中にいろいろなプールに出かけていくのもマカオでしか体験できない面白さだ。

ドリームワークスの人気者、カンフーパンダ。マカオでは人気キャラクターとの記念撮影や握手、一緒の朝食など、子供たちのお楽しみがいっぱい。

ドリームワークスの人気者、カンフーパンダ。マカオでは人気キャラクターとの記念撮影や握手、一緒の朝食など、子供たちのお楽しみがいっぱい。

一方、家族でマカオを満喫するには、ショーは必見だ。中でも子供たちも一緒なら、「西遊記」のステージショーが楽しい。主人公は、おなじみの孫悟空。両親や祖父母も子供時代に夢中になったお話をベースにした舞台で、華やかな衣装、キレのいいアクロバットなどワクワクドキドキの連続だ。

そしてもうひとつ、旅には欠かせないグルメもマカオなら家族そろって大満足。特に、小さな子供から食べ盛りの中高生、祖父母世代も一緒に楽しむならフードコートがおすすめだ。中国、ポルトガル、地元の味からデザートや飲み物までずらりと並んだフードコートは料金も手ごろで、お行儀もあまり気にしなくても食べられるところが、小さな子供たちを連れた両親にはうれしい。家族みんなで、いろいろなメニューを選んで、少しずつ食べ比べてみるのもフードコートだからこそできる楽しさだ。

また、街のお店で、しぼりたてのジュースや、作りたてのココナッツアイスクリームなどをその場で飲んだり食べたりするのも、歩いて回れるマカオらしい。

ほかにも、子供たちが大好きなシュレックやカンフーパンダなどキャラクターと一緒に食べられる朝ごはんは、マカオでのスペシャルな体験だ。キャラクターたちと一緒に記念撮影をしたり、各テーブルを回ってくれるキャラクターと握手をしたり…。子供たちの笑顔は大人も笑顔にさせる。大人も子供も、みんなの笑顔がはじけるのが夏休みのマカオだ。

「ザ・パリジャン・マカオ」のプール「アクア・ワールド」では、親子そろって水遊びを満喫

「ザ・パリジャン・マカオ」のプール「アクア・ワールド」では、親子そろって水遊びを満喫

コタイ地区の「サンズ・コタイセントラル」では、ドリームワークスとコラボレーション。館内のあちこちに置かれた人気キャラクターたちの看板は、子供たちに「遊びにおいでよ」と呼びかけているようだ

コタイ地区の「サンズ・コタイセントラル」では、ドリームワークスとコラボレーション。館内のあちこちに置かれた人気キャラクターたちの看板は、子供たちに「遊びにおいでよ」と呼びかけているようだ

世界最長の流れるプールが人気の「ギャラクシー・マカオ」のプールエリア。浮き輪に乗ってゆらり、ゆらり。マカオでしか味わえない夏の楽しみだ。

世界最長の流れるプールが人気の「ギャラクシー・マカオ」のプールエリア。浮き輪に乗ってゆらり、ゆらり。マカオでしか味わえない夏の楽しみだ。

p7-1