MACAO Souvenir ひと手間かけて一層おいしく! 加工食品からスイーツまでマカオの美味なるお土産


t4

マカオには、ミシュランの星付きレストランが16店舗もある。まさに世界中の美食家たちをもうならせる名店揃いのグルメな街である。それだけに、マカオでのお土産は調味料や加工食品、お菓子といった食品類を期待されることも多いのだ。ここでは、その代表的なものをいくつか紹介しよう。

第1号店を取り仕切る曽展威(ジャン・チン・ワイ)さん

第1号店を取り仕切る曽展威(ジャン・チン・ワイ)さん

t4_1
おでんの出汁にしても絶品!

マカオを代表する調味料といえば、真っ先に名があがるのが、日本でもその名が知られる「李錦記」のオイスターソースだ。1888年に広東省で創業したという老舗の調味料メーカーだが、1902年に牡蠣の名産地だったマカオへと進出。その際に開業した第1号店が、実は今も健在。新馬路の西端、内港のすぐ側にある古風な建物がそれ。真っ赤な文字で「李錦記蠣油庄」と大きく横書きされた看板が印象的だ。

ここでは、創業以来の製法を守り続けて作られたチューブ入りのオイスターソース(16パタカ)が購入できる。船をこぎながら牡蠣を採る母子像のパッケージも、実にレトロだ。炒め物の調味料として使用するのはいうまでもないが、意外にも、おでんや鍋の出汁として使用してもおいしい。少し塩を加えたほうがいいが、濃厚な牡蠣のエキスが染み込んだ大根や厚揚げなどは、いずれもうなるような旨さになること間違いないのでお試しあれ。

レトロな外観も印象的

レトロな外観も印象的

鍋料理やおでんにもピッタリ

鍋料理やおでんにもピッタリ

蝦子麺にオイスターソースをかけるだけでおいしさアップ

蝦子麺にオイスターソースをかけるだけでおいしさアップ

(右)チューブ入りは167g入り16パタカ(左)貝柱入りは510g入り29パタカ

(右)チューブ入りは167g入り16パタカ(左)貝柱入りは510g入り29パタカ



 

t4_2茹で上がった麺にオイスターソースを

では、マカオで手に入る食材で、オイスターソースをからめておいしい食材は何か? イチ押しは、マカオで最もポピュラーともいえる蝦子麺。麺に干した蝦の卵をたっぷり練り込んだ乾麺である。その名店として知られているのが、下町風情あふれる十月初五日街の中ほどにある「喜臨門麺家」。創業1958年というから、すでに半世紀以上もの歴史を誇る老舗である。

熱湯に入れて、わずか1分

ここでは、店の奥で打った麺を蒸してから乾燥させている。熱湯に入れて、わずか1分ほど茹でるだけででき上がるというお手軽インスタント麺だ。蝦子入りの他、ホウレンソウ入りや卵入りなど計6種類(それぞれ太麺と細麺がある)の乾麺(500g33パタカ~)がある。蝦子入りなどはほどよく塩気も付いているので、茹でただけでそのまま食べられる。

これを、もうひと手間かけてさらにおいしく味わうなら、先ほどのオイスターソースを使いたい。作り方は簡単。鍋から茹で上がった麺だけを取り出して、上からオイスターソースをかけて混ぜるだけででき上がり!エビ味に濃厚な牡蠣の風味まで加わって、実にふくよかな味わいに変身するのだ。もちろん、残りの汁はスープとして味わえることは言うまでもない。

客がひっきりなしにやってくる人気店

客がひっきりなしにやってくる人気店

女性店主が自ら麺の成形も手がける

女性店主が自ら麺の成形も手がける

ホウレンソウ入りは500g入り40パタカ。麺1個に対して水はお椀1.5杯

ホウレンソウ入りは500g入り40パタカ。麺1個に対して水はお椀1.5杯



 

t4_3マヨネーズで和えてご飯の上に!

一方、かつての宗主国・ポルトガルにちなんだお土産を探すとなれば、イワシを大豆オイルに浸したオイルサーディンの缶詰がおすすめだ。「來來超級市場」などのスーパーでもさまざまな種類のオイルサーディンが販売されているが、ポルトガル産の高級品を手に入れるなら、ラザロ地区にある「メルセアリア・ポルトゲーザ」がおすすめ。

ここではオリーブオイル風味やトマトソース風味など5種類のオイルサーディン(各45パタカ)が手に入る。もちろん、いずれもそのまま食べてもおいしいが、もうひと手間かけるとすれば、醤油をたらして火にかけるか、マヨネーズで和えてご飯にのせて食べるというのも格別である。

チーズをかけてレンジでチン

絶品というわけではないが、日本ではあまりお目にかかることのないインスタント・マカロニも珍しい。マカオのスーパーなら、どこででも手に入る出前一丁の即席マカロニである。即席ラーメンは、すでに数えきれないほどの種類が販売されて、今やマカオで一番人気の即席麺として不動の地位を占めているが、そのマカロニ版(各3.5パタカ)も販売されているので試しに味わってみたい。

袋の中には、マカロニだけでなくスープの素も入っているので、3分ほど茹でてスープの素をかけるだけで、そのまま味わえる。これもさらにひと手間かけるとすれば、汁からマカロニだけを取り出して、チーズをかけて1~2分、レンジでチンしてみるといい。しっかりとした出汁の味にチーズが絡んで、ワンランクアップの一品料理に変身する。

マヨネーズで和えるといっそうおいしい

マヨネーズで和えるといっそうおいしい

店内にはポルトガル産の食品やグッズがいっぱい

店内にはポルトガル産の食品やグッズがいっぱい

出前一丁のマカロニ版。シーフードアワビ味やシイタケ入りベジタブル風味などがある 左下はトマトソース味のオイルサーディン

出前一丁のマカロニ版。シーフードアワビ味やシイタケ入りベジタブル風味などがある
左下はトマトソース味のオイルサーディン



 

t4_4炭火で焼いた昔ながらの伝統菓子

マカオを代表する伝統菓子の杏仁餅(アーモンドクッキー)も、お土産としては定番中の定番だ。マカオの観光地に行けば必ずといっていいほど、お土産店の店先に杏仁餅が並んでいる。

しかし昔ながらの製法である、炭火で手間ひまかけて焼いた(燻したというべきか)杏仁餅となると、もはやマカオ中を探しても、なかなか見つけることは難しい。

その貴重な伝統菓子が手に入るのが、夜街にある「最香餅家」だ。ここでは店内で木型に押し込んで成形したものを、店先に並べた炭火入りの炉に載せて1時間ほどじっくり遠火で焼く。他店の杏仁餅はすぐに崩れてしまうことが多いから持ち運びが難しいが、このお店のものは、カチッと歯ごたえもしっかりして、容易に崩れそうもない。しかも、ほんのり炭火で燻された香ばしい香りがたまらない。ここの杏仁餅(10個入り28パタカ)を食べて初めて、そのおいしさに目覚めたという人がいるくらいである。

ただし、水分はほとんどないから、中国茶と一緒に味わいたい。十月初五日街にある茶葉の専門店「英記茶荘」で、鉄観音や白牡丹などの銘茶を買い求めたいものである。

店内奥で木型を使って杏仁餅を成形。

店内奥で木型を使って杏仁餅を成形。

カチッとした歯ごたえがある

カチッとした歯ごたえがある

白茶の代表格の白牡丹は上品な香りが特徴的

白茶の代表格の白牡丹は上品な香りが特徴的



 

t4_5卵たっぷりのポルトガルのデザート

最後は、ポルトガル風のおしゃれなデザートとワインで締めくくろう。デザートでおすすめしたいのは、エッグタルトの発祥の店として知られる「ロード・ストウズ・ベーカリー」で販売されているパン・デ・ローとエッグ・ホワイト・ケーキだ。前者はカステラの元となったポルトガルの伝統菓子で、泡立てた卵に砂糖と小麦を混ぜて焼いたもの。後者は卵の黄身を使わないで焼いたもの。いずれも甘みを抑えた上品な味わいだ。エッグタルトほど賞味期限が短くないので、日本へのお土産としても最適である。

また、今なおポルトガルワインの種類が豊富で、ポルトガル北部のドウロや中部のダンなどポルトガル各地のワインがスーパーなどにずらりと並ぶ。なかでもおすすめしたいのが、ポルトガル最大の原産地呼称統制ワイン(DOC)生産地であるヴィーニョ・ヴェルデの白ワインで、弱発泡性の口当たり爽やかなワインである。帰国後に、美味なるワインを片手に、前述したマカオならではの絶品料理を味わえば、マカオ滞在時の良き思い出が走馬灯のように蘇ってくるに違いない。マカオはいつも、あなたを待っていますよ。

エッグタルトの有名店「ロード・ストウズ・ベーカリー」

エッグタルトの有名店「ロード・ストウズ・ベーカリー」

右上:どっしりと重量感のあるエッグ・ホワイト・ケーキ 右下:パン・デ・ローはフワフワのカステラ風 左:ヴィーニョ・ヴェルデの白ワイン(62.5パタカ)

右上:どっしりと重量感のあるエッグ・ホワイト・ケーキ
右下:パン・デ・ローはフワフワのカステラ風
左:ヴィーニョ・ヴェルデの白ワイン(62.5パタカ)



ホテルのロビーフロアーにも絶品スイーツがいっぱい

世界屈指の高級ホテルがひしめくマカオ。いずれのホテルも、さらに高級感を演出しようと努力している。当然のことながら、ホテル内に出店するスイーツ店のグレードもハイクラス。いささか値が張るものの、絶品スイーツを手に入れるのには、とっておきの場所なのだ。

コタイのシティ・オブ・ドリームズ内にあるグランド・ハイアット・マカオのロビー奥にある「パステリア」では、ラズベリーや抹茶入りなど4種類の絶品チョコレート(1個15パタカ)が有名。マカオ半島のウォーターフロントにあるマンダリン・オリエンタル・マカオ内のケーキショップなら、オレンジとパッションフルーツで作ったジャム(155パタカ)が人気。その隣にあるホテルMGMマカオ内の「パティスセリエ」では、ナッツとレーズンの入ったナッツシール・レーズンクッキー(68パタカ)が手に入る。いずれも、大切な人に贈りたい絶品スイーツとして購入しておきたい。

グランド・ハイアット・マカオのロビー

グランド・ハイアット・マカオのロビー

オレンジとパッションフルーツで作ったジャム

オレンジとパッションフルーツで作ったジャム

ナッツシール・レーズンクッキー

ナッツシール・レーズンクッキー

抹茶入りチョコレートなど4種

抹茶入りチョコレートなど4種

 

map

店舗data/map