エッグタルト有名店のマーガレット・カフェ・イ・ナタと香港の泰昌餅屋との違いは?

GOURMET
ma1
2015-11-04 / By / , , , , , ,

マカオといえば、エッグタルト。
今回ご紹介するのは、ガイドブックやインターネットでも大人気のMARGARET’S CAFE e NATAです。

ma7

大通りから一本入った裏道にありますが、角を曲がった瞬間にバターのいい匂いがふわっとやってくるのですぐ分かります。

ma6

いざ入店!
店内は撮影禁止なので、外観のお写真で失礼します。

ma1

無事エッグタルトをゲット!

大きさは手のひらサイズ。地元の方は、一度に2~3個食べるんだとか。
ちなみに1つ10HKD(日本円で約150円)です。相場より少しお高めですが、試す価値あり。

ma5

生地はサクサクでパリパリ、中は濃厚なカスタードが詰まっていて病み付きになる美味しさです。
エッグタルトはマカオの色々なところで買えますが、現地の方のお話によると、ここまで生地がパリパリしていて卵の味が濃厚な所は、そうそうないんだとか。

ma3

外にイートインスペースがあるので、出来立てをすぐに味わうことができます。
冷めても美味しいですが、やっぱり一番はアツアツの出来立て!是非その場で味わってみてください。

 


エッグタルト以外にもお菓子が沢山


ma2

食べかけの画像ですが、これはココナッツケーキです。
カスタードとココナッツを合わせて、しっとりさせた半生ケーキのようなもの。ココナッツが好きな方は絶対に好みだと思うので、是非お試しあれ。
これも10HKDでした。

店内には、クッキーやパンなどエッグタルト以外にも沢山の焼き菓子はあったので、そちらも要チェックです。

クッキーはお土産にもおすすめ!

 


香港の有名店、泰昌餅屋のエッグタルトとの違い


香港でも街中で気軽に食べられるエッグタルト。香港には泰昌餅屋という有名店があります。
マカオで売っているエッグタルトとの違いは、ずばり①焼き目の有無②土台の生地です!

ma8
▲泰昌餅屋のエッグタルト
マカオのものは、表面に焼き目がついてパリッとしています。対して香港のものはフィリングに焼き目がなくてツルツル。
そして土台にも違いが。マカオのものはサクサクのパイ生地、香港のものはクッキーのようにホロホロしているタルト生地が基本なのです。

どちらも試して、お気に入りのお店を見つけたいですね。

 

(ライター:Kana Kiuch)

マカオ観光局では、FacebookとTwitterで楽しさがとまらない街マカオの旬な話題や、キャンペーン情報をお届けしています。

※掲載情報が正確な情報になるよう細心の注意を払っておりますが、投稿者の体験を元に書かれているため必ずしも最新情報を反映しているとは限りません。何卒ご了承ください。

あなたにおすすめの記事

mango
ガイドブックには載っていない!地元で大人気の糖水舗(トンソイポウ)のマンゴースイーツ!
2015-11-25
写真①
新スポット「ブロードウェイ・マカオ」の注目はグルメ!おすすめは地元名店レストラン
2015-11-25
s-P1000665 (800x600)
マカオおすすめレストラン!グランド・リスボア「粥麺荘」でリーズナブルな本格広東料理
2015-11-25