気が向いたら寄り道ありの、ふらり1泊2日のマカオ旅

SPOT
a0050_000046_m (800x600)
2015-10-27 / By / , , , , ,

初マカオ、まさかのイベントにあたる


わたしがマカオに行ったのは2006年11月のことです。
香港国際空港からフェリーで直接向かいました。
フェリーターミナルを降りて驚いたのは、ターミナルを出てすぐのバス・タクシー乗り場前にマカオグランプリのメインスタンドがあったことです。
まだレースが終わってからあまり時間が経っていないようで、タクシー乗り場にレースクィーンが並んでいたり、観客も多く残っていて、熱気冷めやらぬといった感じ。

レースが開催されることも知らず、たまたま連休にあたる時期に行ったので、サプライズな体験となりました。
この後、タクシーでホテルに向かう車中でも街なかを走ったレースの名残を感じることができ、車好きな方はぜひレースに合わせて行くのがおすすめ。

 


「ポウサダ・デ・モンハ」に泊まる


Photo:Balcony of Pousada de Mong-Ha By:Taufique Ahmed
Photo:Balcony of Pousada de Mong-Ha By Taufique Ahmed

わたしの泊まったホテルは、ポウサダ・デ・モンハというプチホテル。
マカオの北側・モンハの丘という高台にあります。

こちらは観光大学が研修の一環で運営しているホテルで、仕事の合間に先生が学生さんを指導している様子も見られます。
館内には、ポルトガルのタイル“アズレージョ”が使われた噴水もあり、室内もポルトガル風の内装。

Photo:Azulejos Portugueses - 33 By:r2hox
Photo:Azulejos Portugueses – 33 By r2hox

(アズレージョ…ポルトガルやスペインで生産されるタイル)

カーテンをいつもの癖でそのまま引っ張ったらうまく閉める事が出来ず、部屋の椅子に乗って悪戦苦闘してしまいましたが、あきらめて係の方にお願いするとすぐ対処してもらえました。
カーテンバトンという棒で動かすタイプのカーテンだったようです。

朝はホテルの上のモンハ公園に散歩に出かけ、運動する人々を見かけたりしました。
中心地に出るにはちょっと不便ですが、人気のレストランもあり、のんびり落ち着いた雰囲気で感じの良い対応を受けられるおすすめのホテルです。

 


ナイトライフを楽しむ


夕方過ぎにホテルに入り、それから丘の下からバスで出かけました。
カジノの明かりを横に見つつ、マカオ文化センターを目指します。
その晩、ブラジルのミュージシャンのボサノバコンサートが開かれると知り、マカオでボサノバというそのミスマッチ感に魅かれてコンサートを観に行きました。
チケットを購入したあと、まだ時間があったので腹ごしらえに出かけました。
たまたま発見したのが、豐德美食という茶餐廳(香港・マカオ式喫茶店)のようなお店。
地元のお客さんばかりで、マカオの庶民的な雰囲気が味わえました。

おとなりの台湾では「三明治」と書くサンドウィッチが、マカオでは「三文治」と書かれていて面白かったです。
中国語メニューを見ながら何となく勘でチョイス。
近くのパン屋さんも気になったので、そこではマカオ名物・エッグタルトを買い込みコンサートに向かいました。

 


南国リゾート気分で余韻にひたる


コンサートの後は、ちょっと余韻に浸りたく、カフェへ。

以前はマンダリンオリエンタルで、現在はグランドラパホテルになっている2階のカフェ「カフェ・ベラ・ヴィスタ
白い籐製の椅子が置かれ、木製の窓が開放されたコロニアル風のスペースは、南国のリゾートに来ている気分にさせてくれます。
カフェに上がる階段やロビーもオリエンタルな雰囲気にあふれていました。

 


定番の観光スポットへ


翌日はまず世界遺産エリアへ。

セナド広場から出発し、民政総署~仁慈堂~カテドラル・大堂広場~聖ドミニコ教会と巡り、聖ポール天主堂跡へ。
こちらはマカオを代表する建造物なので、観光客が多く集まっていました。

 

a0050_000083_m (800x600)

1835年の台風の際に火事で燃えてしまい現在は壁1枚しか残っていないのですが、裏に回ると通路があり、歩くことができるようになっています。遺跡も残されていました。

聖ポール天主堂跡のあたりはお土産屋さんが多く、その中の1軒で「GARO」と呼ばれる雄鶏の置物の小さいサイズを購入。
すぐ横のナーチャ廟、旧城壁を見た後、道なりに歩いていたらルイス・カモンエス公園にたどりつきました。
緑にあふれる公園内の階段を下りて、バス通りへ。

ホテルに戻ろうと違うバス停で下りたら、三角花園で将棋に興じる人々を発見し、何となくほのぼの。
それからバスでタイパに向かいます。
タイパへは、まっすぐ続く海の上にかかる橋を渡るので、眺めが良かったです。
Photo:Ponte de Sai Van / Sai Van Bridge By:mihimaru
Photo:Ponte de Sai Van / Sai Van Bridge By mihimaru

 


ふらりと歩く、マカオ


降りる場所を間違えたのか中華風な花城公園の辺りをふらふらした後、官也街でポルトガル料理が食べられる「ダンボ(小飛象葡國餐廳)」に入りました。
Photo:官也街(Rua do Cunha), Macau By:myhsu
Photo:官也街(Rua do Cunha), Macau By myhsu

近所には「ピノキオ」という同じくポルトガル料理のお店があります。

その後、カルモ教会でウェディングドレスを着た新婦と新郎、結婚式の参列者を見かけ、思わず写真をパチリ。
タイパヴィレッジでパステルカラーのカラフルな家を見て回り・・・
世界遺産、官也街、タイパヴィレッジを見ていると、ヨーロッパの街並みを思い出しロマンチックな気分になれました。

夕陽が沈みかける時間に、当時建築中のヴェネチアンホテルの横を歩きながら、バスで一路フェリー乗り場へ。
船は波が激しかったですが、海から見た香港の夜景がとても美しかったです。

 

1泊ではありましたが、思い出に残る風景がたくさん目に焼き付いた2日間。
息抜き観光にはおすすめの地・マカオ、ぜひ行かれてみれはいかがでしょうか。

(ライター:はろん)

マカオ観光局では、FacebookとTwitterで楽しさがとまらない街マカオの旬な話題や、キャンペーン情報をお届けしています。

※掲載情報が正確な情報になるよう細心の注意を払っておりますが、投稿者の体験を元に書かれているため必ずしも最新情報を反映しているとは限りません。何卒ご了承ください。

あなたにおすすめの記事

g7
女子向けスポット「MGM・グランド・マカオ」でカジノ&海底のオーロラ見学
2015-11-25
写真① (800x450)
お金をかけずに贅沢リゾート気分!豪華ホテル以外で楽しむビーチフロントプール
2015-11-25
s-写真② (450x800)
世界遺産・聖ポール天主堂跡周辺に残る、日本人の足跡
2015-11-25