世界遺産30カ所駆け足観光の旅

SPOT
guiafortress1_S
2015-09-16 / By / , , , , ,

2005年7月にマカオの歴史市街地区が世界遺産に登録されました。それも30カ所。
正確に言うと、8つの広場と22の歴史的建造物になります。

マカオにはじめて訪問した時、とにかくすべて行ってみようと、駆け足で回ってみました。その時のルートをご紹介。

それ以降、何度となくマカオを訪問しているのですが、一気に30カ所回るのは実はおすすめしません。
というのは、マカオは日中の気温が高いシーズンもあり、人によっては全部歩き回るのは大変かもしれないからです。
ご紹介するルートを参考に、自分の体力に合わせた日程とルートを考えてみてくださいね。

縮1 (800x600)

 

マカオの世界遺産はマカオ半島の中にあるので、徒歩で行けないことはないのですが、坂道があったり、ちょっと離れていたりで、効率よく一筆書きにならないので、エリア別に分けて動いていきます。
バスを使ったりもしてますので、小銭を用意していきましょう。

エリアを三分割して、同じ方向のものを片っ端から見ていきました。
その3つのエリアは、
① 新馬路から北
② 新馬路から南
③ 山

 


①新馬路から北エリア


香港からフェリーターミナルに到着して、セナド広場行きのバスに乗り、セナド広場で下車したらスタートです。縮2 (800x600)

(1)出発地はセナド広場

セナドとは、ポルトガル語で議会などを意味し、リアル・セナド・ビルディング、つまり民政総署が目の前にありますので、議会前広場とでも言うのでしょうね。

 

まず、まっすぐ広場を歩き、左折して(2)「三街会館(関帝廟)」に行きます。
見学したらまた広場に戻って、1569年に建てられた(3)「仁慈堂前」で記念撮影。白い建物なので、はっきりわかります。
次は、小道に入り、(4)「大堂広場」を通り、(5)「大堂(カテドラル) 」に到着。
(6)「盧家屋敷」前の小路を通り(7)「聖ドミニコ広場」に出たら、目の前は(8)「聖ドミニコ教会」に到着です。ここは、ゆっくり内部見学をします。
マリア像・キリスト像などの宗教関係品やステンドグラスがきれいでした。

ここまでは、出発してから、見学時間にもよりますが、写真を撮るだけなら30分~40分くらいでしょうか。30か所のうち8か所も見たので、楽勝だと錯覚するのがこのあたりです。

 

ここから、聖ポール天主堂跡までは、フルーツジュースのショップがたくさんありますので、のどを潤していきます。

縮3 (800x600)

 

ここから、上り坂

途中のお店で、マカオ名物のビーフジャーキーや「杏仁餅」を試食しながら登ります。

縮5 (800x600)

縮4 (800x600)

 

(9)「イエズス会記念広場」 (10)「聖ポール天主堂跡」(11)「旧城壁」(12)「ナーチャ廟」まで一気に。

今度はまた聖ポール天主堂跡脇から(13)「モンテの砦」に向かうのですが、階段が結構きつい。
砲台を見たら、横にあるマカオ博物館も見学します。

ここから、見学スピードがダウン気味になります。やはり、山登り・階段はきつい。

縮6 (800x600)

 

今度は、また、聖ポール天主堂跡方向に戻り、土産物店横からのびる、大三巴街を通り、(14)「聖アントニオ教会」(15)「プロテスタント墓地」(16)「カーザ庭園」(17)「カモンエス広場」を見学、この段階で足が棒のようです。

 


②新馬路から南エリア


ここでまたセナド広場まで歩いて戻るのも大変なので、タクシーを捕まえて(18)「媽閣廟」に行きます。

媽閣廟を見学しますが、ここも相当登らなければなりません。もう“足が痛い”という状態です。(19)「バラ広場」も目の前。

縮7 (800x600)

ここから、(20)「港務局」(21)「リラウ広場」(22)「鄭家屋敷」(23)「聖ローレンス教会」(24)「聖ヨセフ修道院及び聖堂」と続いて見学していきます。

 

アップダウンが続き、さらに足を痛める結果に

(25)「ドン・ペドロ5世劇場」の周辺には、また世界遺産の建物がかたまってあります。

縮8 (800x600)

(26)「聖オーガスティン広場」 (27)「聖オーガスティン教会」 (28)「ロバート・ホー・トン図書館」

マカオの世界遺産は、教会・広場・ポルトガル様式の建物・中国様式の住宅・お寺ですので、途中から、どこがどれだか、混同。

縮9 (800x600)

 

そして、やっと(29)「民政総署ビル」に到着。

ここで、時間を確認したら、近くにある牛乳プリンの美味しい、義順牛奶で休憩します。
といっても、人気店なので、ゆっくりする暇もなく、食べたらすぐ出発です。

縮10 (800x600)

 

 


③最後は、山


最後に山を選んだのは、夕日がさぞかしきれいだろうと考えたから。
ただ、この段階でもう足が棒になっていて、セナドからギア灯台まで歩くなんて、とんでもないという感じになっていますので、タクシーで行きました。
というのも、見学時間が17時30分まで。ゆっくりしていたせいで、時間がなくなっていましたから。
残念ながら、(30)「ギア要塞、ギア灯台、ギア教会」は当時の写真が見当たらないので、マカオ半島で一番高い場所からの絶景がお見せ出来ませんが、当日は、夕方は曇りだったため夕陽は見ることができませんでした。

guiafortress1_S

(写真提供:マカオ観光局)

駆け足で、世界遺産地区を回りましたが、2日くらいで回るのが、ちょうどいいかもしれません。

その際はこのルートを参考にしてみてください。

縮11 (800x600)

夕陽は天気次第ですが、カジノのイルミネーションの灯りは確実に見れるのはいいところですよね。。。

(ライター:はたぼー)

マカオ観光局では、FacebookとTwitterで楽しさがとまらない街マカオの旬な話題や、キャンペーン情報をお届けしています。

※掲載情報が正確な情報になるよう細心の注意を払っておりますが、投稿者の体験を元に書かれているため必ずしも最新情報を反映しているとは限りません。何卒ご了承ください。

あなたにおすすめの記事

g7
女子向けスポット「MGM・グランド・マカオ」でカジノ&海底のオーロラ見学
2015-11-25
写真① (800x450)
お金をかけずに贅沢リゾート気分!豪華ホテル以外で楽しむビーチフロントプール
2015-11-25
s-写真② (450x800)
世界遺産・聖ポール天主堂跡周辺に残る、日本人の足跡
2015-11-25