Browsing Tag

レポート

縮済IMGP7236
View

【体験レポート】ラスベガスよりも楽しい?マカオの本当の魅力に迫る! ①マカオ基礎知識編 前編

HOW TO

こんにちは!
いよいよ、マカオ観光のベストシーズンである秋がやってきます。

過ごしやすい気候になると外に出たくなる、遠出したくなる!そんな気分になる方も多いのではないでしょうか?

そこでそんな皆様にtripro VOICE編集部がイチオシの旅行先「マカオ」の魅力を7記事に分けてご紹介させて頂きます。
編集部として2015年4月初旬に潜入取材を行ってきましたので、最新情報と併せてお届けいたします!

 


―マカオとは?


縮済IMGP7236

マカオの正式名称は中華人民共和国マカオ特別行政区。香港と同様、中華人民共和国の特別行政区のひとつです。
アジア屈指の観光都市として世界中に知られており、香港から直線距離で60kmほどの場所に位置しています。

マカオといえば「カジノ」を思い浮かべる方も多いと思いますが、それもそのはず、カジノとしての収益があのラスベガスをはるかに上回る、ダントツの世界一のカジノシティーです。
現在マカオにはホテルに併設された30以上のカジノが点在し、現在も数多くのホテルが建設中ということもあり、さらにその数は増加傾向にあります。

しかしながらマカオの魅力はカジノだけではありません。

かつてポルトガル統治下であったマカオは中国文化と西洋文化のユニークな同化と共存を残した建造物群が「マカオ歴史市街地区」として2005年に世界文化遺産に登録されており、歴史を感じるフォトジェニックな街並みや、そこに根付く食などの文化を堪能できるのも大きな魅力のひとつ。

男性人気の高いイメージのマカオですが、最近では女性同士の旅行先としても人気を集めてきています。

 


―アクセス方法


 
2015-08-28 / By / , , , , , , , , , ,

縮済IMGP6788
View

【体験レポート】ラスベガスよりも楽しい?マカオの本当の魅力に迫る! ③滞在するならどこがいい?4つのオススメホテルをご紹介

HOW TO

さて、今回は日々進化を続けるマカオで、筆者も実際に滞在したホテルを含めたオススメできるホテル情報をお届けします!

 


―半島側、五つ星デラックスホテル「グランド・リスボア」


縮済IMGP7392
半島側に位置し、世界遺産の「マカオ歴史市街地区」からも徒歩圏内でアクセスできる好立地であり、一度見たら忘れられないド派手な建物がこちらグランド・リスボア

 

マカオのカジノ王、スタンレー・ホー氏がオーナー。
まさにマカオの象徴とも言える贅を尽くしたこのホテルはサービスも超一流。
一度は泊まってみたいホテルです。
料金はWEB予約で1室1泊30,000円〜

 

 


―半島側、四つ星ホテル「ハーバービュー・ホテル」


 

2015-08-28 / By / , , , , , , , , ,
縮済IMGP7113
View

【体験レポート】ラスベガスよりも楽しい?マカオの本当の魅力に迫る! ④西洋と東洋の神秘の交差点。世界遺産を楽しむ散策コースのご紹介

SPOT

「マカオ基礎知識編 前編」でもご紹介した通り、マカオは今やラスベガスを超える世界一のカジノシティー。
しかし、何もない砂漠から創られたラスベガスと違うのはそう、「歴史」です。

 

1999年に中国に返還されるまで、ポルトガルによって統治されてきたマカオは、独自の文化を形成してきました。
約400年前からポルトガル人が居留していたため西洋風の歴史的な建造物も多く、その多くが今も姿を残し、そのカラフルでノスタルジックな街並みは世界文化遺産に指定されています。

そしてその世界遺産の多くが、巨大スケールのカジノシティーマカオの目と鼻の先に位置しており、エンタテインメントと歴史のまさに”ハイブリッドシティー”なのです。今回はそんな歴史地区を楽しむためのオススメスポットをいくつかご紹介していきます。

 


―マカオ半島の歴史市街地区


 縮済IMGP7383

グランド・リスボアなどのホテル群が位置するマカオ半島中心エリアからもほど近い世界遺産にも指定された歴史地区には、17世紀初頭、イタリア人宣教師によって設計されたとされる、「マカオ歴史市街地区」の一番のランドマーク「聖ポール天主堂跡」や、モザイクのタイルが敷き詰められたマカオを象徴する「セナド広場」があります。

 

それらの名所たちを巡る街並みには思わずカメラのシャッターを押したくなるたくさんの色とりどりのポルトガル風の建物が点在し、まるでヨーロッパの観光名所のよう。

 

上記ふたつの名所の他にもマカオ三大古堂のひとつ「聖ローレンス教会」や現在もオーケストラなどのコンサートで使用される「ドン・ペドロ5世劇場」など、数多くの歴史ある名所が点在しており、天気のよい日には観光客で賑わいます。

”縮済IMGP7346″

2015-08-28 / By / , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,
14382418563_597514ecca_z
View

【体験レポート】ラスベガスよりも楽しい?マカオの本当の魅力に迫る!⑥カジノの活用法と基礎知識とは

HOW TO

突然ですが、みなさんはカジノにどんなイメージをお持ちでしょうか?
「お金があっという間になくなりそう。」
「怖そう。」
そんなネガティブなイメージをお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

もちろん賭け事なので一定のリスクは伴いますが、マカオのカジノは国も認めたもちろん合法のもの。
なので、普通に入る分には安全ですし、ちゃんとした知識を身につけておけば、いきなり全財産を失う・・なんてことはありません。

14382418563_597514ecca_z

マカオには現在30を超えるカジノが点在しており、今なおその数は増え続けています。
マカオのカジノとしての収益はあのラスベガスを超え、現在世界一のカジノの街となっています。
「せっかくマカオに来たならちょっと覗いてみたい!」
「ちょっとくらいなら参加してみたいな。」

 

そんな方々にマカオのカジノの基礎知識や、カジノに参加しない人にも役に立つ知識をお伝えいたします。

 

 


―入場料は無料、ミネラルウォーターも無料で飲める


マカオのカジノは大きな収益源であり、たくさんのカジノが互いに競いあっているため、カジノ内はとても清潔でサービスが行き届いています。
ミネラルウォーターのペットボトルが積み上げられていて、取り放題、もちろん無料です。

他にも、ショーが無料で見られたり、バーカウンターやレストランがあったりと、様々なサービスがあるのです。

カジノ自体の雰囲気も各カジノによって様々で、数十万円、数百万円単位のお金がテーブルに吸い込まれていく光景を見ながら、現場の熱気を見学しつつ、色んなカジノを巡っているだけでも楽しむことができます。

 


―カジノ内の外貨両替は24時間オープン!


日本円を香港ドルに両替することもカジノ内でできます。
24時間オープンしているので、急に両替が必要になった時に便利ですね。

 


―禁止事項は?


カジノ内の写真撮影は禁止されています。また21歳未満の方の入場はできません。
入場に際し、パスポートの提示が求められることもあります。

さて、続いては「ちょっと参加してみたい」という皆様へのカジノの基本情報です。

 

2015-08-28 / By / , , , , , ,
縮済IMGP7195
View

【体験レポート】ラスベガスよりも楽しい?マカオの本当の魅力に迫る!⑦絶品グルメのご紹介。マカオで食い倒れ体験!

GOURMET

―広東料理の超有名店!金悦軒で飲茶三昧。


 縮済IMGP6853

広東省は珠海の名店、金悦軒の系列店がギャラクシーマカオ内にあります。
半島側にも支店があるようですね。

 

高級感のある店内はランチ客でかなりにぎわっていました。

 

今回は飲茶三昧!をテーマに色々な種類の点心を頂きました。
どれもあっさりしていて美味!夜は火鍋が人気のようです。

”縮済IMGP6867″

2015-08-28 / By / , , , , , , , , , ,