Browsing Tag

街歩き

タイパ村
View

タイパ・ビレッジを散策するーポルトガル情緒あふれる小路に迷い込む。

SPOT

マカオといえば、ポルトガル情緒を感じられる街並みも魅力的ですよね。そんな情緒たっぷりの小路が数多く存在するのが、タイパ・ビレッジです。
世界遺産である歴史市街地区にも負けず劣らずの、見応え充分の小路であると私は思っています!


どこを歩いても、ポルトガル情緒あふれる小路


小路はまさに、迷路のように入り組んで広がっています。
タイパ村

軒先には観葉植物が並んでいたりと、生活感もあふれています。
タイパ村

時折、飼い猫が姿を見せたり、人々が作業をしていたり、日常の姿を見ることができます。

2015-11-20 / By / , , ,
ハウスミュージアム
View

「タイパ・ハウス・ミュージアム」ポルトガル情緒あふれる建築群!

SPOT

タイパ・ビレッジの近くにあるのが、「タイパ・ハウス・ミュージアム」です。ここは、1920年代に建てられたポルトガル人の邸宅を修繕してミュージアムとして開放しているとのこと。鮮やかなミントグリーンが美しい家々が5軒! タイパ・ビレッジに訪れたのなら、是非とも立ち寄りたいスポットです。


ただただ邸宅を眺めるだけでも情緒があふれる


ハウスミュージアム
こんな鮮やかなお宅、そうそう日本には存在しないでしょう。土地によって似合う色も様々ですが、やはりこのミントグリーンを見るとポルトガル情緒を喚起させられます。美しく整備されているので、いつ来てもこの鮮やかな配色に出会えるようになっているはずです。

ハウスミュージアム

余談ではありますが、タイパ・ハウス・ミュージアムへの道のりも、なかなかポルトガル風の雰囲気でうっとりとしてしまいます。

2015-11-16 / By / , , ,
北帝廟
View

タイパ・ビレッジの「北帝廟」……ポルトガルと中国文化の交わりが見えるスポット

SPOT

タイパ・ビレッジの街並みといえば、マカオきっての「ポルトガル情緒」あふれるスポットとなっているわけですが、それでもここは中華圏の文化を色濃く残すマカオ。その文化の入り交じるスポットこそ、マカオで訪れておきたい場所ではないでしょうか。そんな場所が、ここ「北帝廟」なのです。


ポルトガル情緒に混じって、とても中華感の強い外観が!


北帝廟
隣接する建物はどれも、ミントグリーンやイエローで彩られた、まさにポルトガル感たっぷりの建物なのですが、その中に1軒だけ、どうにも異質にも思える建物が存在しています。それが「北帝廟」です。
場所はこちら。


中は完全に中国文化に彩られる

2015-11-16 / By / , , , ,
十月初五街
View

「十月初五日街」「果欄街」……そこは中国風の雰囲気が漂うレトロな街並みの残る場所。

SPOT

マカオといえば、ポルトガルによる統治時代があったということで、ポルトガルの情緒残る街並みを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし、ここはもともと中国の文化圏の土地。中国人が築き上げてきた、中華風の街並みだって存在するのです。
私がマカオの魅力のひとつでもあると感じたのが、この様々な文化が入り交じる景色の数々でした。有名なポルトガル風の建築物もあれば、この「十月初五日街」「果欄街」のような、古き良き中国の人々が形成してきた街並みも、マカオの持つ一面なのです。


「十月初五日街」……約50年前は最も賑わった中国人の街


今となってはところどころ閉まっている店舗もある上、夜は明るい道ばかりではないのでちょっとドキドキしながらの散策となりました。でも、どのマカオの街並みよりも、「人情」という言葉がぴったり合うような、地元民が息づく世界です。
職人の足元で眠る猫。
十月初五街

この釣具屋さんは繁盛しているようでした。品揃えもかなり豊富なようです。

十月初五街

この道は大きな車も行き交うので、歩く際は注意が必要です。まさに、地元の暮らしに溶け込む旅路です。

2015-11-13 / By / , , , ,