NEWS@MACAO


newsatmacao

 

外観2018年注目のNEW OPEN

年明け早々の1月29日、いよいよMGMコタイがオープン。シンボルのライオン像は24金メッキ仕上げでゴージャス感もバージョンアップ。客室数は1400室、海外のMGMでは初めてとなるスイートルームのライン「スカイロフト」が登場、話題を呼んでいる。

ホテル内には、4つのシグニチャーレストラン、さらに4つの中国料理レストランとマカオの東西融合をモチーフにしたバーを備え、美食を満喫できる。併設のシアターはテニスコート3枚分の大きさの4KLEDスクリーンが設けられ、マカオをテーマにした常設ショーが入る予定。

また、3月ごろには、シティ・オブ・ドリームス内に故ザハ・ハディド氏設計の「モーフィアス」が開業予定。レストランとバーは、ミシュラン3つ星を最年少で獲得したアラン・デュカス氏のプロデュース。レストランのデザインは、パリ「アラン・デュカス・オ・プラザ・アテネ」を設計したデザイナーによるもので、中国庭園をモチーフにしたものだ。

MGMコタイのバー「パトゥア」では、漢方や スイートルーム「スカイロフト」 眺めるマカオの風景) 中国茶ブレンドのカクテルも楽しめる。

MGMコタイのバー「パトゥア」では、漢方や中国茶ブレンドのカクテルも楽しめる。

スイートルーム「スカイロフト」

スイートルーム「スカイロフト」



世界が認めたマカオの魅力 ユーロモニターが世界の観光都市ランキングでマカオを5位に選出

世界トップの市場調査会社、ユーロモニターインターナショナルが11月8日、旅行業界の世界最大級のイベント「ワールド・トラベル・マーケット・ロンドン(WTM)」で、2017年版の世界観光都市ランキングトップ100を発表。この中で、マカオは世界で5位(アジアでは4位)にランクされた。1位は8年連続で香港、2位バンコク、3位ロンドン、4位シンガポールの順。ちなみに東京はアジアで第8位となっており、この調査では、中国人海外旅行者の増加で、今後10年間はアジアの都市が上位を占めることになると予想している。

また、同社によると、マカオの2017年の延べ旅行者数は1630万人で、前年の1539万人を90万人上回った(1位の香港は2570万人)。

世界遺産と美食の街マカ オは、ヨーロッパの人た ちにも魅力の観光都市だ (写真は、ギア要塞から MGMコタイのバー「パトゥア」では、漢方や スイートルーム「スカイロフト」 眺めるマカオの風景)

世界遺産と美食の街マカオは、ヨーロッパの人たちにも魅力の観光都市だ(写真は、ギア要塞から眺めるマカオの風景)