読者投稿 – まだまだ変貌し続けるマカオ


まだまだ変貌し続けるマカオ

鈴木 徹さん (愛知県田原市)

Readers voice何度訪れても飽きることを知らないマカオ。「ザ・パリジャン・マカオ」のエッフェル塔に驚き、工夫を凝らしたイルミネーションに感心し、相変わらずの「ザ・ヴェネチアン・マカオ」の賑わいに酔いしれた4日間の旅、今回も関空からの直行便を利用した。

思えば「ザ・ヴェネチアン・マカオ」のオープン1週間前、私たち夫婦は、ポツンと立ちはだかる建設中のホテルを、タイパ・ハウス・ミュージアムの前から眺めていた。「すごいホテルができるものだ。次はあそこに泊まろう」と思って以来、何度も宿泊することになろうとは。

そのコタイ地区には、次から次へと大きなホテルが建設され、「ザ・ヴェネチアン・マカオ」を中心にラスヴェガスのような街が出来ていった。光に映し出される噴水、金色のシャンデリア、モニュメント、エッフェル塔、それぞれのホテルが独自性を持ち、私たち観光客を楽しませてくれる。マカオの楽しみ方は、セナド広場周辺を起点とする数多くの世界遺産を巡ることだけではない。今回は特にホテル巡りを楽しんだ。早速、新しく出来た「ザ・パリジャン・マカオ」のエッフェル塔に昇り、展望台からの夜景を楽しみ、「ウィン・パレス」では、湖の上を行くスカイキャブを眺める。ショッピングやおいしいものを食べること、さらにはマカオならではのカジノ等、マカオにはそれぞれに合ったいろいろな楽しみ方がある。

思い出をたどって、タイパ・ハウスまで歩いてみた。動く歩道があり楽に行ける。昔と違って公園が整備され、池の向こうにホテル群が広がっている。正直感激するほどの景色ではなかったが、時の流れを感じた。

この先、「MGM・コタイ」、「グランド・リスボア・パレス」といったホテルが完成すれば、コタイ地区はまた変わる。はたしてこの街はどうなっていくのだろうか。ヴェニス、ニューヨーク、パリを再現し、次は何ができるのか、あるいはどんな夢を見させてくれるのか、大いに楽しみである。

「ザ・パリジャン・マカオ」や、「ザ・ヴェネチアン・マカオ」などのIR は、ワクワクする仕掛けがいっぱい。きらびやかな夜景も、お見逃しなく!

readersvoice
マカオ旅行の体験談、大募集!

本紙掲載でワインプレゼント
マカオでの体験を800字程度の文章にまとめ、ご自身で撮影された写真1〜3 点とともにお送りください。掲載された方にはポルトガルワインをプレゼントします!
[応募方法]
メールまたは郵送でご応募ください。
■ メール:sensemacao@milepost.co.jp
以下の❶〜❺を明記のうえ、件名に〈センス・マカオ投稿〉と入れてお送りください。■ 郵送:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-9 永田町グラスゲート7階 マカオ観光局 センス・マカオ投稿受付係 宛原稿に以下の❶〜❺を明記のうえ、お送りください。記載内容:❶氏名 ❷住所 ❸電話番号 ❹Eメールアドレス ❺渡航時期※お客様にご記入いただいた個人情報は、投稿コーナー掲載時のご連絡、また掲載内容として使用します。
※当該業務に必要な範囲で委託先に委託する以外に、ご本人のご同意なく、第三者に開示・提供することはありません。
※原稿・写真は、返却いたしませんので、予めご了承ください。