読者投稿 – 私の宝石箱、マカオ


私の宝石箱、マカオ

由井映美さん (長崎県在住)

その街並のユニークさに心を奪われてから十年余り…。ついに4泊5日の夫婦マカオ旅が実現しました。リサーチを重ねて計画を立てましたが、ハプニングを楽しむのも旅だと思い直し、のんびりマカオを楽しむ事にしました。

案の定、飛行機が遅れてフェリーに乗り継げず、別ターミナルへバスで移動する事に…。香港の親切な方に助けられ、取りあえず無事にマカオ入りできました。その夜、たどり着いたホテルで、バカリャウコロッケをつまみに飲んだマカオビールの美味しかったこと!翌日の朝食は通りがかりのカフェで。広東語しか話さない無愛想なオバちゃま店員さんが、私の「ンッゴーイ(有り難う)」の一言で満面の笑みに! 注文したポークチョップバーガーも花丸級の美味しさでした。習近平主席のマカオ訪問にかち合うというハプニングもありましたが、ラザロ地区や多くの世界遺産も心行くまで楽しむ事ができました。

3日目、ここで旅の上級者である息子から課題が出されました。

「1・地元の市場とスーパーマーケットに行く。2・絵葉書を書いて日本に出す。3・昼から一杯呑む」。街歩きメインの旅でしたので「3」はパスして市場へ。目指す市場が見当たらず、お爺さんに地図を見せて「ダメもと」で英語で尋ねると、眼鏡を取り出し「○¥&%$!」と指差して教えてくれました。

スーパーで買い物もし、市場では主人の発案で紙に漢字で書いて注文し、美味しい豚頸肉麺を食べました。民政総署の売店で買った絵葉書にロバート・ホー・トン図書館で一筆書き、セナド広場の郵政局から投函して、めでたく課題クリアとなりました。

コロアンのポウサダに泊まり、「ここもマカオか」と驚くほどの静かな海や、タイパ大潭山の豊かな自然にも感動しました。立ち並ぶ巨大IR や新しいフェリーターミナルには、マカオの勢いを感じました。マカオは私達に様々な顔を見せてくれたのです。

そして、何と言っても人々の温かさ。拙い広東語の挨拶に笑顔で応じ、親切にして下さった皆さん、ンッゴーイ! 憧れの街に連れて行ってくれた主人に、ンッゴーイ!

マカオの思い出は宝石のように私の心の中で輝いています。

 

readersvoice
マカオ旅行の体験談、大募集!

本紙掲載でワインプレゼント
マカオでの体験を800字程度の文章にまとめ、ご自身で撮影された写真1〜3 点とともにお送りください。掲載された方にはポルトガルワインをプレゼントします!
[応募方法]
メールまたは郵送でご応募ください。
■ メール:sensemacao@milepost.co.jp
以下の❶〜❺を明記のうえ、件名に〈センス・マカオ投稿〉と入れてお送りください。
■ 郵送:〒102-0093 東京都千代田区平河町2-16-9 永田町グラスゲート7階 マカオ観光局 センス・マカオ投稿受付係 宛
原稿に以下の❶〜❺を明記のうえ、お送りください。記載内容:❶氏名 ❷住所 ❸電話番号 ❹Eメールアドレス ❺渡航時期※お客様にご記入いただいた個人情報は、投稿コーナー掲載時のご連絡、また掲載内容として使用します。
※当該業務に必要な範囲で委託先に委託する以外に、ご本人のご同意なく、第三者に開示・提供することはありません。
※原稿・写真は、返却いたしませんので、予めご了承ください。