この二年間、今まで当たり前のようにしていた旅行にも気軽に行く事が出来ずに、悔しい思いをして来た人はたくさんいるのでは無いでしょうか?私もその内の一人です。出口の見えないトンネルの中、いつになったら海外へ行けるのかなとストレスだらけの日々を送って来ました。しかし!最近になって、規制緩和などによって入国が出来る国が少しずつではありますが増えて来ています。どのように状況が変化して行くのかは誰も分かりませんが、もしかしたら来年には大部分の規制が撤廃されているのでは?と期待してしまいます。そこで、今回ご紹介する記事では、世界が平常運行に戻った後のお勧め観光スポット、それも「カジノ観光」に焦点を当てて行きたいと思います! 

アメリカ(ラスベガス)

言わずと知れたカジノの聖地ラスベガス。この砂漠の街にはカジノだけでは無く一流レストランに有名な高級ブランド店が立ち並ぶなんとも魅力的な大人の街です。外国人だけでは無く、アメリカの各地からもたくさんの観光客が訪れる為いつ行っても人でごった返しています。まさにアメリカンドリームを体現した様な何とも言えない魅力的なラスベガスでは、世界的に有名なショーも各地で開催されており、かなりお勧めです! 

オーストラリア(メルボルン)

オーストラリの南に位置する、シドニーに次いで第二の都市としても知られるメルボルンもまた、カジノを楽しむにはもってこいのお勧め観光地です!ギラギラとしたラスベガスの雰囲気とはまた違い、オーストラリアの文化や習慣が根付いておりローカルなレストランやアートギャラリーなどのたくさんの魅力的な観光スポットが点在しています。ちなみに、いつも発表されている「最も住みやすい街」ランキングでは常に上位にランクインしているほど住みやすい町のメルボルンに魅了されすぎて、くれぐれも不法滞在者にならない様に気を付けましょうね。有名どころではありますが、メルボルンの個人的にお勧めのカジノは“クラウンカジノ”ですね!

バハマ(ナッソー)

まさに地上の楽園とも呼べるカリブ海に浮かぶ美しいバハマ。スペイン語で”baja mar”、”浅い海 “が意味するように美しい遠浅の青いビーチと白い砂浜の組み合わせはバケーションに持って来いの最高なリゾートエリアです!様々な島国を有するカリブ海において、このバハマは娯楽や政治の中心地的な役割を果たしおり、かなり賑やかでラテンの空気が溢れる国です。お勧めは“バハマリゾート”で、この施設には18種類以上のテーブルゲームに1000台以上のスロットマシーンが設置されている同国最大級のカジノリゾートとなります!唯一の難点は日本からは少し距離が離れているという点にありますが、アメリカのフロリダからならばアクセスがし易いです。

今回は、ギャンブルが大好きな人たちにより特化した記事にはなりましたが、それ抜きでも十分楽しめる場所ばかりです!1日でも早く、皆さんがまた自由に好きな所を行き来出来る様なそんな世界に戻って欲しいと心から願うばかりです!